夫婦で独立するという、プライベートも仕事も大事にできる働き方

公開日:2015年05月31日
7795b17a02822bf2

夫婦一体感が強まる二人での独立

独立して仕事をしようと決める際、一番心配するのはやはりそれぞれの伴侶ではないでしょうか。きちんと収入になるのか、体調を崩さないか、人間関係は、などなど心配の種は尽きないと思います。

それならいっそのこと、夫婦そろって独立するというのはどうでしょう?

夫婦ですから、お互い気を使わずに仕事も進められ、意見も出せあえるので成果に結びつきやすく、また家庭のことも仕事のこともシームレスに役割分担をすることもできます。

ただし、ずっと一緒にいると疲れてしまうこともあると思いますので、一人の時間も大切にとれるような働き方が大事です。

夫婦の強みを生かせるコンビニ経営という選択肢

夫婦で独立するのに有力な選択肢の一つとして、コンビニ経営があります。

コンビニはもともと夫婦で独立する事例が多く、働き方も参考にしやすく、説明会などでも気になる点などを相談しやすい業界です。また、交代でお店に入ることで一人の時間を作ったり、逆に二人一緒に働く時間を作ったり、働く時間を調整しやすいことが特徴です。

夫婦で経営することで、急に従業員が休むことになってもその穴を埋めやすく、一人だけで経営するより無理のない働き方がしやすくなります。

夫婦で働くことが経営上のメリットにもなる

夫婦がオーナーのコンビニは、家族的な温かい雰囲気のお店になるので、お客さんとの話も弾みやすくなります。たとえば夫や嫁の愚痴を言い合ったり、家族の悩みを相談したりと、お客さんが身近に感じてくれることが多いという特徴があります。

また、従業員やアルバイトにとっても、家族的な付き合い方ができるので、雇用主と労働者という関係を超えた、居心地のいい職場作りにもつながります。それは離職率の低下による生産性・効率のアップなど、経営上のメリットにも大きく関係してきます。