人気な副業ランキング付!初心者・上級者それぞれのおすすめ副業とは

最終更新日:2021年10月02日

Header pc 6df157b71acc4231 1633127563

副業にこれから取り組みたい人や、副業に慣れてきて新たな案件を探している人まで、おすすめの副業をまとめてご紹介します。どういった点がおすすめなのか、副業選びのポイントとともに詳しく解説していきます。初心者・上級者それぞれにおすすめの副業をランキング形式でまとめているので、ぜひ副業選びの参考にしてみてください。

フランチャイズを探してみる

目次

在宅の副業・人気ランキング

初心者におすすめの副業とは

上級者におすすめの副業のポイント

初心者におすすめの副業ランキング

上級者におすすめの副業ランキング

自分に合ったレベルの副業を選びとろう

在宅の副業・人気ランキング

在宅の副業・人気ランキング

在宅ワークが推奨され、家にいる時間が増えたことを理由に副業に関心を持ちはじめた人も多いでしょう。在宅で副業をしている300名を対象に行ったアンケート調査によると、副業としてもっとも人気なのはポイントサイトを利用したポイ活でした。

1位 ポイ活(220名)
2位 ライター(26名)
3位 株(12名)
4位 FX(8名)
5位 ハンドメイド/せどり(4名)

ポイントサイトは回答者の3人に2人がおこなっているという結果となり、地位でライターや株の副業が人気であることが分かります。

参考:株式会社Media Beats invest Navi

初心者におすすめの副業とは

まず始めに、副業初心者向けに副業を選ぶポイントを4つ解説します。初心者の場合は、煩雑な手続負担を減らすため確定申告不要の範囲内で小さく副業を始めることや、スマホ1台で完結する仕事を選ぶなどのコツがあります。後半で上級者向けの副業の選び方も解説していくので、順に確認してみてください。

確定申告が不要

副業初心者の人は、確定申告が不要な副業を行うことをおすすめします。副業が初めての人がいきなり確定申告と聞くと不安になるかもしれません。確定申告は通常、3月に税務署で行う手続きのことですが、確定申告が不要となるのは、収入・所得が20万円以下となる場合です。
つまり副業の目安としては、「月1万円」であれば年間で20万円以下におさまります。始めは小さくコツコツ稼げる副業を選んで、確定申告の手続負担がないよう工夫するのがポイントです。

特別なスキルや経験がいらない

副業が初めての人は、「未経験向け」「未経験歓迎」と記載のある仕事を選ぶのもおすすめです。いきなり特別なスキルや経験が求められる副業を選んでしまうと、本業に影響が出たり、取引先に迷惑をかけてしまったりする恐れがあります。最初は誰にでもできる易しい副業案件を探して実績を積み重ねていくと良いでしょう。

スマホだけでできる

副業初心者の方は、なるべくスマホで完結できる副業を選ぶのもポイントです。たとえば、出勤が必要な副業の場合は行き帰りのも含めて時間を拘束されてしまいます。またPCメインの副業では、PCを開いて作業するスペースと時間の確保が必要となり、場合によってはポケットWi-Fiの準備などをしなければならないでしょう。スマホで完結する副業を選べば、いつでもどこでも時間や場所の制限がなく、気軽に進めることができるためおすすめです。

赤字や在庫リスクを抱えない

副業を始めるときは、赤字リスクを避けるため在庫を抱えるビジネスをやらない選択もあるでしょう。

「在庫を抱える=商品を仕入れる」ことですが、商品が売れなかった場合は在庫の金額が赤字につながるリスクがあります。販売した金額よりも仕入れた金額が高くなれば赤字です。そのため、商品を仕入れて販売するビジネスはやや中級者以上向けの副業と言えるでしょう。

上級者におすすめの副業のポイント

副業初心者の方におすすめのポイントをご紹介しました。続いて副業上級者向けの仕事について、仕事選びのポイントを大きく3つに分けて解説します。

月2~3万円以上大きく稼げる

副業にある程度慣れてきた人は月2万円~3万円など、明確な収入目標を掲げて継続的に稼げる分野で副業を探してみるのがおすすめです。

ただ副業をするだけではなく「自分にとってこの副業は意味があるか?」「本当に利益が出るのか」「利益率はどうか?」という目線で副業を選んでみてください。お小遣い稼ぎではなくビジネスとして、副業を自身の成長や第二の収入の柱となるようにチャレンジしてみましょう。

実績がしっかり残る

副業で対応した仕事が「職務経歴書やSNSプロフィールに書けそうか」という視点で副業を選択することも重要なポイントです。例えば「クラウドソーシングでデータ入力をしていた」「アンケートモニターをしていました」と職務経歴書に書いても、実績としては今一つ魅力に欠けます。副業の上級者は「自分のキャリアにきちんと残る」副業を意識して選ぶと良いでしょう。

専門分野で挑戦できる

副業にある程度慣れてきたら、次のような専門知識を活かした仕事にチャレンジするのもおすすめです。

  • 投資、株式の副業
  • アフィリエイトの副業
  • YouTubeの副業など

いずれも専門性が高く、収入を継続的に得ることは難しい副業です。副業の上級者は自分の得意分野を見つけて、専門性をどんどん磨いて副業していくと良いでしょう。

初心者におすすめの副業ランキング

初心者におすすめの副業ランキング

ここまでご紹介した、初心者と上級者の副業選びのポイントをふまえて、おすすめの副業を独自のランキング形式でお伝えします。副業の仕事選びにぜひ活かしてみてください。

1位:アンケートモニター

副業をスタートする人におすすめなのがアンケートモニターです。アンケートに回答するだけで良く、専門的な知識やスキルがないため「まずは副業を始めてみたい」という人におすすめです。アンケートモニターには種類があり、Webアンケートに回答するタイプと商品モニター・サンプルモニターとして商品やサンプルを使った感想をアンケートに記入するタイプなどがあります。

どれもスマホでフォーマットに沿って入力していくだけなので、通勤時間や自宅での空き時間といったスキマ時間で簡単に行える副業として人気です。

アンケートモニターの副業とは?初心者にもおすすめな理由や注意点

2位:ポイ活

ポイ活とはポイント活動のことで、アンケートモニターと同じく初心者がすぐに始められるおすすめの副業です。ポイントサイトの活用や買い物、カード入会などで条件をクリアしたときに得られるポイントを集める副業を指します。得られる報酬は少額ですが、誰でもすぐに始められてスキマ時間にできるため、時間の制約がありません。獲得したポイントは他社のポイントやマイルに交換が可能です。

3位:クラウドソーシング

クラウドソーシングは企業がインターネットを通して不特定多数のワーカー(働く人、業務を受注する人)に仕事を発注する仕組みのことです。応募したい案件を探して直接企業と交渉をしたり、ワーカーのプロフィールを見た企業から仕事を依頼されたりと、持っているスキルを活かして働くことが可能です。また、クラウドソーシングのサイトには未経験向けの案件も豊富なため、まずは実績を作りたい初心者におすすめの副業です。

4位:SNS・インフルエンサー

InstagramやYouTubeなどで企業の商品・サービスをPRしたり、アフィリエイトをしたりする副業です。Instagramのフォロワー数が1万人以下でも、アクティブユーザーであればPR案件の依頼を受けられる場合もあります。SNSのなかでも、ライバーやYouTuberなどの動画・配信にチャレンジして投げ銭をもらったり、TikTokでフォロワーを増やして企業案件をもらうなど、収入の方法はさまざまです。

スマホだけでも十分に対応でき、特別な機材を買う必要もないので初心者が始めるにはおすすめの副業と言えるでしょう。

上級者におすすめの副業ランキング

上級者におすすめの副業ランキング

場数を踏んで副業することに慣れてきたら、専門性や難易度の高い仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。副業の実績をある程度積み、次のステージに進みたいと考えている人におすすめの副業をランキング形式でまとめました。

1位:講師業

上級者に最もおすすめの副業が講師業です。セミナーや講座を自ら主催し、参加費用をもらい収入を得る副業で人気を集めています。本業で培ったスキルを活かしたり、自身の趣味を題材にしたり、自身が最も活躍できるジャンルを選んで稼げることが大きなポイントです。

自分で会場を押さえて集客する方法や、ネット上で講師とセミナーに参加したい人をつなげるマッチングサービスを利用する方法も登場しています。講師業は比較的高い収入を稼げるので、副業に慣れてきた上級者が始めるにはおすすめの副業と言えるでしょう。

2位:投資・株式・FX

金融に関する専門知識がなくては損をする可能性もありますが、投資や株式などの金融商品での副業は、正しい知識があれば継続的に大きく稼げる点が魅力です。金融商品の種類やリスクの特徴は多岐にわたるため、やみくもに手をつけるのではなく、一定の基礎知識を身に付けてから挑戦すると良いでしょう。副業として人気なものとして、不動産投資、株式投資、投資信託、FX(外国為替証拠金取引)などが挙げられます。

3位:Web制作・プログラミング

パソコンのスキルがある人は、Webデザイナーやコーダー、プログラマーなどもおすすめの副業の1つです。制作をすれば成果物として形に残るため、職務経歴書やポートフォリオに副業実績を記載して、次の仕事を獲得するチャンスにつながるでしょう。ただし、プログラミング知識やデザインスキルがあれば、すぐに仕事に結びつくわけではありません。企業案件を獲得するために、ポートフォリオをまとめたり、営業やマーケティング活動をしながら副業案件を獲得していきましょう。

4位:フランチャイズビジネス

フランチャイズビジネスは開業の資金やリスクを抑えられ、フランチャイザーから経営ノウハウを得られるため、自分自身で独立開業するよりもリスクが少なく利益を出しやすい点がメリットです。フランチャイズは、フランチャイザーと呼ばれる事業主と契約をして、商標やロゴマーク、経営のノウハウを使用し、商品の販売やフランチャイザーの事業をする権利をもらいます。そしてフランチャイザーと契約した人は、一定の対価を支払う仕組みとなっています。

週末だけ、副業としてフランチャイズビジネスを始められるので、将来的に独立を目指している副業上級者にはおすすめの仕事です。

フランチャイズを探してみる

5位:Youtuber・ライバー

機材や企画準備が必要なので、実は上級者向けの副業がYouTuber・ライバーです。スタートするときは、スマホ1台だけでも十分に始められます。しかし、お金を得るという意味では難易度が高い副業の1つです。収入が得られるレベルまでアカウントを成長させるには、大勢のフォロワーを獲得しなければなりません。コンスタントに動画をアップし続けたりライブ配信をしたりと、根気や継続が必要となります。

また、制作・配信の内容を洗練し、人気の出るものが何かトレンドの研究も欠かせません。副業に慣れてきた上級者は一定の収入を目指してYoutuberやライバーとして活動してみてはいかがでしょうか。

YouTuberの副業で早期リタイア?広告収入の仕組みと始め方

自分に合ったレベルの副業を選びとろう

今回は初心者と上級者それぞれの副業の選び方や、おすすめの副業をランキングでご紹介しました。副業を初めて行う人は一つずつ課題をクリアしていきながら、徐々に難易度の高い副業や大きな目標設定をしましょう。いきなり難しい副業を始めても、期待通りの成果を上げることはできません。地道に仕事をこなしながら、ステップアップすることで副業の可能性も広がっていきます。自分に合った副業を選んで、収入アップにつなげていきましょう。

公開日:2021年10月05日

よくある質問

Q おすすめのクラウドソーシングサービスはどれですか 回答を見る
Q 一番始めやすい副業は何ですか? 回答を見る

関連するタグ