あなたはどこまで知っている? 競合調査の“ 3ステップ ”

公開日:2015年03月31日
20150414142007

自社の強みを知るには競合を比べるのが一番!では、競合調査にはどのような方法があるのかみてみましょう。

調査の王道!まずは直接聞いてみよう

はじめに知るべきは【業界動向】です。

しかし、未経験分野の場合は特に、分からないことばかりだと思います。
そんな時は、参考にしたい企業へ連絡をしてみるのが一つの方法です。

こちらの考え、熱意が伝われば、アポイントはもちろん、貴重なアドバイスや業務支援、紹介なども見込めます。

インターネットで効率的に情報収集を

例えば、学習塾の開業を考えているのであれば、
「越ケ谷 学習塾」のように、近隣にある塾を検索してみます。

また、家庭教師や英会話をはじめ、【直接的ではないがライバルになりうる】企業情報を調べるのもおすすめ。
授業形態、開校時間、受講料、アピールしているポイントなどを見比べます。

競合サイトは、必ずブックマークをしましょう。

地へ足を運ぶことも忘れずに!

見るべきポイントは、
看板および外観、建物の広さ、店舗の雰囲気、利用者層など。

また、街の様子は、時間帯や曜日によって変化するもの。
そのため、時間がゆるす限り、足しげく通うのが良いでしょう。

商材にもよっては難しいかもしれませんが、競合のサービスに触れる機会をつくれるとベストです。

調査をキチンとおこなうほど、ライバル店との差別化ポイントや自社の強みが明確になります。

調べる中で見えた“自サービスならではの良さ”こそが、
お客様との【良質なコミュニケーション】へとつながります。