翻訳の副業で稼ぐ方法とは?仕事内容やメリット・デメリットを一挙紹介!

最終更新日:2021年07月12日

Header pc 6343e4d3461e78b2 1626061264

翻訳の副業はスキルが重要視されると思うかもしれませんが、実は未経験でも始められる仕事です。グローバル化を背景に需要が高まっているため、クラウドソーシングサービスを活用して副業を始める方もたくさんいます。

とはいえ、これから始めたい方にとっては不安も多いもの。そこで、翻訳の副業を始めたい方に向けて、翻訳の副業のメリット・デメリット、おすすめの翻訳の副業、仕事の探し方などをご紹介します。

副業から始められる代理店を探してみる

目次

翻訳副業の仕事とは?

翻訳副業の収入はどのくらい?

翻訳副業のメリット

翻訳副業のデメリット

初心者におすすめの翻訳の副業

在宅でできるおすすめの翻訳の副業

スキルや経験を活かせるおすすめの翻訳の副業

翻訳の副業の探し方

翻訳の副業は高収入が可能!スキルを高めて独立も目指せる!

翻訳副業の仕事とは?

翻訳副業の仕事とは?

翻訳の副業は日本語を外国語に変換したり、外国語を日本語に変換したりする仕事です。

大きく分けると「実務翻訳」「出版翻訳」「映像翻訳」の3種類あり、それぞれ以下のような違いがあります。

実務翻訳

実務翻訳は産業翻訳やビジネス翻訳とも言われており、主にITや経済、金融、医療分野の文書の翻訳を行う仕事です。

プレスリリースやマニュアル、マーケティング文書などの翻訳は各業種の知識があればできますが、特許関連文書や契約書などの法律に関係するような文書は法律に精通していなければ対応できません。

海外企業とのやり取りが多い時代にあって、実務翻訳の需要は高い傾向にあります。

出版翻訳

海外で出版された雑誌や書籍を翻訳する仕事が出版翻訳です。主にフィクションとノンフィクションに分かれており、出版社などから依頼を受けて翻訳を行います。

フリーランスも多く活躍しているものの、駆け出しの翻訳者の場合はベテラン翻訳者の下訳(意味が分かる程度の大まかな翻訳)となるのが通常です。上訳・本訳(完成品にするための翻訳)ができるようになれば「和訳:〇〇」などのように、ラベルに自分の名前が残ることもあります。

映像翻訳

映像翻訳は海外の映像作品を日本語に翻訳する仕事で、主に字幕と吹き替え、ボイスオーバーという3種類の仕事があります。

字幕や吹き替えは、理解しやすい言葉を使ったり口の動きを合わせたりする必要があり、スキルによって差が出やすい業務です。

ボイスオーバーは、元の音を残しながら日本語の字幕や音声を同時に流すもので、外国語の解説映像などに使われるため、字幕や吹き替えのようにピッタリと合わせる必要はありません。

翻訳副業の収入はどのくらい?

翻訳副業の収入はどのくらい?

翻訳を副業で始めたい方にとって、どれくらいの収入がもらえるのかという点は最大の関心事ではないでしょうか。

結論としては、仕事の内容や翻訳のレベルで大きく異なります。たとえば求人サイトでは、文書の翻訳で時給1,800円~3,000円などの募集が多くあり、副業とはいえ好条件の内容です。ただし、9時~17時などの勤務時間になっていることが多く、副業には不向きと言えます。

また、クラウドソーシングで募集されている案件は1件500~1,000円ほどですが、空き時間を利用して始められるため副業にも最適です。

ちなみに、日本翻訳連盟では、翻訳の仕事の目安単価を定めています。クライアントが翻訳会社に依頼する際の発注料金なので、ワーカーが受け取る金額とは開きがありますが、参考にはなるはずです。

作業内容 単価:【英語→日本語】
※1ワード(単語)ごと
単価:【日本語→英語】
※1文字ごと
コンピューターマニュアル 28円 20円
一般科学・工業技術 28円 21円
金融 30円 25円
経営管理・財務・契約書 30円 25円
医学・医療・薬学 35円 30円
特許明細書 26円 30円

また、個人で契約する際の単価目安は、英語から日本語への翻訳で1ワード7~14円、日本語から英語の翻訳で1文字4~10円程度です。(2021年6月時点)

出典:日本翻訳連盟「翻訳料金(クライアント企業の翻訳発注価格)の目安」

翻訳の副業で稼ぐコツ

翻訳の副業では、経験や実績がない場合は「未経験者OK」となっている案件を選んで応募するのが先決です。

まずは、簡単にできる翻訳案件で作業の進め方や効率良く翻訳できるコツをつかみ、実績をつくりましょう。
文字数が少なくライトな翻訳案件だったとしても、たくさんの案件をこなして実績を積めばクライアントに売り込むことができます。

また、単価交渉の材料にもなるので、副業を始めて間もない段階では地道な努力を継続することが大切です。

翻訳副業のメリット

翻訳副業のメリット

翻訳の副業は、現在のスキルを活かせたり、独立するのに役立ったりするなど、さまざまなメリットがあります。一つずつ詳しく見ていきましょう。

語学のスキルを活かせる

外国語のスキルがある方にとって、翻訳の副業は大きなメリットがあります。特に、仕事で外国語を使用する機会が多いほど対応できる業務の幅は広くなります。

英語はもちろん、中国語の翻訳もできれば、今後増えることが確実視されている中国とのビジネスでの活躍も期待できるなど、語学スキルが高い人ほど大きなメリットを得やすいでしょう。

スキルアップにつながる

翻訳の副業を始めようとするのは、少なからず外国語のスキルがある方がほとんどでしょう。しかし、作業を進めていくなかで知らない単語も出てくるはずです。

初めて見るような単語は調べながら作業を進めることになるので、外国語のスキルを高められます。

初期費用がかからない

翻訳の副業を始めるにあたって必要になるのはインターネット回線とパソコンくらいです。初期費用がかからないので、始めやすい副業の一つだと言えます。

なかにはスマホだけで対応できる案件もありますが、作業効率などを考えるとやはりパソコンはあったほうがいいでしょう。

独立開業も夢ではない

翻訳の副業でスキルを高め、対応できる案件数が多くなれば独立開業することも可能です。

副業で年間100万円以上稼げるようになったら、収入と作業時間のバランス、対応できる外国語とその需要などを見極めた上で独立開業を検討すると良いでしょう。

翻訳副業のデメリット

翻訳副業のデメリット

翻訳の副業にはデメリットもあります。ただし、デメリットをカバーする方法もあるのであまり心配しなくても大丈夫です。

収入が安定しない

翻訳の仕事は単発案件が多いという特徴があるため、収入が安定しない傾向にあります。継続案件があったとしても経験者が優遇されることが多いので、副業を始めて間もないころは収入を安定させるのは難しいでしょう。

翻訳以外に通訳もできるようになるなど、できることを増やせると案件を獲得しやすくなり収入も安定するはずです。

ライバルが多い

翻訳の仕事は注目されているだけにライバルが多くいます。特に英語の翻訳はライバルが多いので、なかなか仕事を受注できない可能性も。

比較的ライトな案件ほど人気が集中する傾向にあるので、スキマを狙って専門的な文書の翻訳にチャレンジするのも良いでしょう。

また、ライバルが少ない言語の翻訳にチャレンジするのもおすすめです。

初心者におすすめの翻訳の副業

初心者におすすめの翻訳の副業

ここからは、初心者におすすめの翻訳の副業を紹介します。
スキルも取引先もない初心者のうちは、クラウドソーシングサービスを利用してブログや企業ホームページ、商品ページの翻訳といった難易度の低い副業に取り組みましょう。なお、金額は2021年6月時点の情報です。

ブログの翻訳

クラウドソーシングサービスで比較的多く見られるブログの翻訳は、単価は低いものの副業として実績をつくるのに適しています。

経験を問わないものが多いので、仕事を見つけられないというリスクはほとんどありません。また、文字数が少ない案件なども多く、翻訳の副業をスタートさせる最初の段階としておすすめできます。

商品ページの翻訳

海外商品を通販サイトで販売する仕事を個人で始めるケースも増えているなかで、商品ページの翻訳の仕事も需要があります。

クラウドソーシングサービスを見ると、中国語から日本語へ翻訳する案件が多く見られ、報酬は翻訳で5,000円~1万円が相場のようです。

単に翻訳をすれば良いというのではなく、購入希望者が分かりやすく、かつアピールできるような内容が求められます。

動画の翻訳

YouTubeをはじめとした個人が発信できる動画サービスでも翻訳の需要はあります。外国人ユーチューバーの動画を日本語に翻訳して納品するのが主な仕事で、報酬は8,000円~1万円程度が目安です。

動画の時間が比較的短めのコンテンツも増えていると言われているので、初心者が数をこなすための手段として適しているでしょう。

在宅でできるおすすめの翻訳の副業

在宅でできるおすすめの翻訳の副業

翻訳の副業には在宅でもできる仕事もたくさんあります。オフィスなどに出社する必要がなく、ライフワークバランスの実現という注目度の高い働き方です。

マニュアル・取扱説明書の翻訳

海外に輸出する日本製品の取扱説明書やマニュアルを外国語に翻訳する仕事は、グローバル化の流れを受けて需要が高まっています。

正確な翻訳が要求されるうえに、分かりやすさも重要なので難易度は高めですが、もう一段階スキルを高めるためにチャレンジしておきたいジャンルです。

ゲームの翻訳

翻訳の副業のなかでも、将来性の高いジャンルのひとつがゲームの翻訳です。世界中でゲームが楽しまれている一方で、翻訳ができる人材は不足していると言われています。

ゲーム開発の仕事は、企画段階から携わり、ストーリーの翻訳やキャラクターのセリフなども行うので、翻訳能力はもちろんゲームが好きで知識も兼ね備えている人におすすめの副業です。

書籍の翻訳

出版社と契約を行い、依頼を受けて翻訳作業をするという流れが一般的です。契約の方法は、単語や文字数で報酬が発生する翻訳委託契約や、印刷部数によって報酬が発生する印税契約があり、副業として始める人のほとんどは前者の翻訳委託契約です。

書籍のページ数が多ければ、数十万円の報酬となるケースもあり、まとまった収入を得られる可能性があります。

スキルや経験を活かせるおすすめの翻訳の副業

スキルや経験を活かせるおすすめの翻訳の副業

翻訳のスキルや経験を持っている方は、副業でも高収入を得やすいです。そこで、難易度は高くても高収入を期待できる翻訳の仕事を紹介します。

英語論文の翻訳

学術論文の翻訳は、専門用語も多く含むため難易度は一気に高くなりますが、その分だけ高収入を得やすい副業と言えます。

クラウドソーシングサービスでも募集はあるものの、論文翻訳の経験があることが条件になっているケースが多いです。なお、論文の翻訳需要は、日本語から英語への翻訳が最も多いと言われています。

各種契約書の翻訳

企業間の契約書を翻訳する仕事で、意外に思われるかもしれませんがクラウドソーシングサービスでの募集も少なくありません。

ただし、法律用語が含まれていることが多いので、誰でもできる副業というわけではないのが難点です。このクラスになると、報酬がグッと上がることが期待できます。

翻訳文の校正

翻訳者が作成した文書をチェックし、必要に応じて修正を行うのが校正の仕事です。語学の知識が深いことはもちろん、業界に特化した文書の場合は業界の知識も欠かせません。

誤字脱字や文法の誤りチェック、自然な文章になっているかのチェックも必要なので難易度の高い副業だと言えます。

翻訳の副業の探し方

翻訳の副業の探し方

翻訳の副業はたくさんありますが、ポイントを押さえて探さないと希望する仕事にありつけません。そこで、翻訳の副業の探し方を紹介します。

クラウドソーシングサービスで実績づくり

翻訳の副業初心者がいきなり複数の企業から仕事を受注するのは難しい話なので、まずはクラウドソーシングサービスを利用して実績をつくりましょう。

有名どころはクラウドワークス、ランサーズなどが挙げられ、どちらも翻訳業務の募集がたくさんあります。

単価が低めに設定されている点は否めませんが、副業として始めていきなり高収入を得ることはできないものなので、コツコツと継続してスキルを高めましょう。

スキルシェアサービスで単価アップ

「ココナラ」のようなスキルシェアサービスは、自身の語学スキルを売ることが可能です。

しかも、自分で報酬額を設定して提案できるので、クラウドソーシングサービスよりも単価アップが期待できる翻訳副業の探し方と言えます。

クラウドソーシングサービスと併用して進めるようにすると、受注数と収入の増加、そしてスキルアップにもつながるでしょう。

翻訳サービスへの登録で安定稼働

翻訳の副業で結果を出すには、翻訳の仕事を専門に扱っているサービスを利用するのもおすすめです。

クラウドソーシングサービスや求人サイトでは扱っていない求人も多いので、効率良く仕事を探せる可能性があります。

翻訳業務に特化しているため、翻訳のスキルや対応業務に対する相談も可能です。

翻訳の副業は高収入が可能!スキルを高めて独立も目指せる!

翻訳の副業にはたくさんのメリットがあり、一定以上の語学スキルがあれば高収入を実現できる可能性が高いです。初心者からでも経験を積んでいけば対応できる作業が増えるので、まずは副業で始めたいという方にもおすすめできます。

翻訳は、グローバル化に伴いニーズが高まっていて成長する可能性が高いジャンルですから、スキルを高めながら業務量を増やせるようになると独立開業するのも夢ではありません。

副業から始められる代理店を探してみる

公開日:2021年07月12日

よくある質問

Q 翻訳の副業にはどのくらいのレベルが必要? 回答を見る
Q 翻訳の副業は会社にバレない? 回答を見る
Q 翻訳の副業で確定申告は必要になる? 回答を見る