20代が会社を辞めたいときの対処法!会社を辞めるべきか思考整理のポイントを解説

最終更新日:2022年10月27日

Header pc b0900f7f216f022e 1646016968

やりたい仕事ができなかったり、納得できないことがあり会社を辞めたいと考える20代は多いでしょう。
この記事では20代が会社を辞めたいと考えた時にやるべきことを紹介します。
勢いに任せて会社を辞めてしまっては、いずれ後悔の気持ちを抱くかもしれません。
冷静に理由を整理し、タイミングを見計らいながら、次のキャリアの準備を進めましょう。

会社を辞めた後のフランチャイズを探してみる

目次

20代で会社を辞めても問題ない?

20代が会社を辞めるタイミングとは?

20代で仕事を辞めたい理由を整理するポイント

20代で会社を辞める際にしておくべきこと4選

20代が会社を辞めた後のおすすめ進路

冷静に思考を整理して後悔せず会社を辞めよう

20代で会社を辞めても問題ない?

「20代で会社を辞めるのはおかしいのではないか」と思い悩んでしまう人も少なくありません。
ですが20代で会社を辞めるのはおかしいことではなく、普通のことです。
20代が会社を辞めれる理由は

  • 20代なら転職が一番上手くいく時期である
  • 20代で無理して嫌な仕事を続けて精神病になるリスクがある
  • 現在では転職が当たり前の風潮になってきている

というものがあります。
特に20代は転職が多く、他の年代と比べると面接も非常に通りやすいです。
「この会社を辞めてしまいたい」と思ったらすぐに行動するのが良いでしょう。

また、精神を病んでしまい病気になってしまったらもう遅いです。
入院しなければならなくなったり、仕事に行くことができなくなり無理矢理休職や退職をすることになってしまいます。
そうなる前に早く次のキャリアを決めておきましょう。

20代が会社を辞めるタイミングとは?

20代が会社を辞めるタイミングとは?

仕事を辞めたい理由を整理していくと、自己研鑽してスキルアップを図ったり、会社や同僚への見方を変えることで、今の職場で頑張らなくてはいけないと感じる人もいるでしょう。
その反面、これから紹介するケースは個人の努力ではどうしようもできないことが多く、会社を辞めるべきタイミングになります。

いずれかのケースに該当する場合は、無理せず会社を辞めることを考えましょう。

精神・体調面を崩したとき

会社を辞めるタイミングの1つ目は、精神や体調面を崩したときです。心身に不調を感じるときに無理をすると、さらに不調に陥ってしまう恐れがあります。
一度体調を崩してしまうと取り返しのつかないことにもなりかねません。日本では過労死の問題も多くありますが、決して他人事とは言い切れません。

精神・体調面を崩してまで会社に貢献する必要はありません。自分の体を第一に、不安を感じたら医師をはじめとして専門家に相談しましょう。

人間関係が嫌になったとき

人間関係における悩みは、どの職場にも起こり得る悩みの1つです。
少し気に触るような嫌がらせを何度も受けていたり、わざと嫌な気持ちになるような言い方をしてくる人がいるのは普通ではありません。
他の会社を探し続ければいつかは楽しく仕事ができる会社を見つけられるはずなので、「会社に行きたくない」とまでストレスを抱え出したら上司や役職者に相談をしましょう。
具体的に「嫌だ」という気持ちを吐き出せる時に相談しておくのが良いでしょう。
時間を置いて「もう忘れてもいいか」と思えるまで置いておくとまたストレスが重なってしまうので注意してください。

パワハラやセクハラなど明確な原因がある

昨今、耳にする機会が増えたハラスメントや、過度な攻撃を受けている場合も会社を辞めるタイミングといえます。

自分の努力や相手との向き合い方で解決につながることもありますが、パワーハラスメントやセクシャルハラスメントなどは我慢して解決するものではありません。
我慢することでエスカレートし、自分自身が深く傷ついてしまう恐れがあります。ハラスメントを我慢してまで会社を続ける必要はないので、退職を考えましょう。

また過度な攻撃や嫌がらせを受けている場合も会社を辞めるタイミングといえます。多少の人間関係のトラブルは自分にも改善の余地はありますが、過度な攻撃や嫌がらせは自分に危険がおよぶかもしれません。大事になる前に会社を辞める選択をとっても良いでしょう。

会社が法令違反をしている

会社が法令違反をしている場合も、会社を辞めることを考えるタイミングです。会社は労働基準法などさまざまな法令に則り、事業を行いますが、なかには法令違反を行っているケースがあります。法令違反を発見した場合は会社を辞めることを検討しましょう。

なお、法令違反に気づいていながら、黙認をしていると自身も共犯となってしまうかもしれません。会社や同僚への恩義もあるかもしれませんが、冷静に対処し、会社を辞めることを考えましょう。

社会的要因で業績悪化のとき

どんなに会社が経営努力をしていても、新型コロナウイルス感染拡大のような社会的要因で業績が悪化してしまうケースもあります。業績が下がると従業員に支払う給与も下がってしまいます。このように個人で努力しても状況を変えられない場合は、会社を辞めても致し方ありません。給与が下がり、生活が苦しくなってしまうのは元も子もないので、新しい職場を探してみましょう。

その他の具体的な悩みがあるとき

その他にもさまざまな悩みが会社では巻き起こるでしょう。
悩みが出たときに、すぐに社内の人間に相談しておくと良いです。

20代で仕事を辞めたい理由を整理するポイント

会社を辞めたいと思い、その気持ちのまま辞めてしまうのは大きなリスクが伴います。会社を辞めたいと感じたら、なぜ辞めたいと思うのか客観的に理由を整理してみましょう。

辞めたい理由を冷静に整理すると、会社のせいではなく自分次第で現状が改善することも見つかるかもしれません。また、そもそも会社を辞めても、根本的な課題が解決しないと気づく場合もあります。

これから紹介する「20代が会社を辞めたい理由」の3つと自分自身の状況を照らし合わせて、ご自身の気持ちや考えを整理してみましょう。

転職しないと変えられないこと

「頑張ってるのに評価されない」、「希望の勤務地で働けない」など今の仕事や職場環境が原因で希望を叶えられない場合は、20代でも会社を辞める場合があるでしょう。転職しないと変えられない項目をいくつか紹介します。

  • 仕事内容
  • 勤務地
  • 働き方(休暇や労働時間など)
  • 待遇(給与など)
  • 会社や上司からの評価

これらは転職することで変えられる可能性が高い理由です。ただし、会社によっては社内制度で異動が叶えられるケースがあります。まずは自分の会社に異動制度があるか確認してみると良いでしょう。

自分次第で解決できるもの

「仕事が上手く行かない」、「スキルアップ出来ない」など定性的な理由で会社を辞めるケースです。仕事内容や勤務地は自分次第で変えづらいものですが、仕事の進め方やスキルアップ、残業の長さなどは、会社を辞めなくても自分次第で解決ができる可能性がある項目です。

自分の努力で解決できるケースの例

自分の努力で悩みを解決できるケースの例は下記になります。

  • スキルアップ出来ない:空いてる時間で自己研鑽を行う、業務に関係する本を読む、業務に活かせる資格を取得するなど
  • 仕事がうまくいかない:社内制度を確認したり、人事面談で相談したりして異動を検討する

また、残業時間は自分次第で削減できることもありますが、上司や職場から強要されてしまうこともあり、自分だけでは解決できないこともあります。その場合は人事に相談や転職を検討しても良いでしょう。

会社を辞めても解決するか分からないもの

「周囲の人と考え方が合わない」、「会社の社風が自分には合わない」などの理由は、一見会社を辞めることで解決しそうですが、必ずしもそうではありません。

人間関係や会社の社風、会社や周囲からの評価は転職を機に改善する場合もありますが、逆に悪化するリスクもあります。どのような環境にも自分に合う人もいれば、合わない人もいるため、会社を辞めたからといって解決するかは分かりません。自分が100%満足のいく職場は存在しないと受け止めると良いでしょう。

20代で会社を辞める際にしておくべきこと4選

20代で会社を辞めると決めても、すぐに辞めるべきではありません。会社を辞める前にやるべきことや、行動しておきたいポイントがいくつかあります。

20代で会社を辞めると決めたらやるべきことを4つ紹介します。これらのポイントをおさえて会社を辞める準備を進めましょう。

1.現職でできる最大限の行動をする

会社を辞めると心に誓っても、まずは現職で状況を改善できないか最大限の行動をすることが大切です。最初に整理した「仕事を辞めたい理由」を改めて1つずつ確認し、自分で状況を改善できないか、現職で何かしら解決できないかを考え、精一杯行動してみてください。自分1人で答えが出なければ、両親や友人などに相談しても良いでしょう。

たとえば「やりたい仕事ができない」という理由であれば、すぐに会社を辞めるのではなく、上司にかけあってみたり、社内異動などの制度有無を調べて応募する、人事に相談するなど社内でできることをやりきってください。

行動したかしないかで会社を辞めた後の評価は大きく変わります。仮に何も行動せず、すぐに辞めてしまったら、「諦めが早い」、「逆境に向き合わない」とネガティブな評価を得る可能性があるためです。

会社を辞めたいと思っても、まずは現職でできることを精一杯やってから、会社を辞めても遅くはないでしょう。

2.譲れない条件を整理する

会社を辞めると決めたら、仕事に求める譲れない条件を整理することも重要です。会社を辞めたとしても、20代以降、60代までは、多くの人が新しい職場で働いていきます。今後、働く上でどのような条件を優先するか、どの条件であれば我慢できるかを整理し、優先順位をつけましょう。

給与が良く、人間関係も満足で、やりがいもあるなど自分が求めることを100%満たす仕事はないといっても過言ではありません。逆に全ての希望を満たす仕事を探し続けると辛くなってしまいます。

希望する条件のうち、おおよそ6~7割合致していれば良いというスタンスで、「絶対に譲れない条件」と「あったらうれしい条件」、「これは我慢できる条件」と仕分けを行い、仕事に対する自分の軸を決めていきましょう。

3.第三者に相談する

20代で会社を辞めると決めても、20代はまだ社会人経験が非常に浅く、自分の判断が正しいかどうか分からないこともあります。1人で判断せず、家族や知人、顧客や仲の良い同僚・先輩など複数の人に相談し、いろいろな意見やアドバイスをもとに判断しましょう。

仮に60歳まで社会人生活が続くとして、20代は長い社会人生活が始まったばかりです。自分1人の考えでは偏ってしまう恐れがあるので、多くの人に相談することをおすすめします。

4.転職活動をしてみる

実際に会社を辞めるかはまだ迷っているという段階でも、転職活動をしてみるのがおすすめです。
「現在まだ会社に勤めているけど、こういった理由で転職を考えています」と面接で話すことで『うちの会社ならこういった優遇ができるよ』と解決策を話してもらえる場合があります。
他社の人と話すことで「転職した方がいいかも」と具体的に実感できるので、悩んでいる人はぜひ試してみてください。

また転職エージェントを活用するのも一つの手段です。数多くの転職希望者をサポートした経験から、アドバイスをもらえる可能性が有ります。
ただし、転職エージェントもビジネスですので、場合によっては転職を強く勧められることもあるので注意が必要です。

20代が会社を辞めた後のおすすめ進路

20代が会社を辞めた後のおすすめ進路

会社への不満がたまり辞めようと思っても、すぐに辞めるのは得策ではありません。次にどのような仕事に就くべきなのか、どのような仕事があるのかを知ってから会社を辞めるようにしましょう。会社で働く以外にもさまざまなキャリアパスがあるので、自分の希望に合致したキャリアを探してください。

転職する

1つ目のキャリアパスは転職です。自分が整理をした譲れない条件に合致する会社を探しましょう。転職する方法は転職サイトで求人を探したり、転職エージェントに転職先を紹介してもらう方法が一般的です。

転職サイトや転職エージェントなどの転職支援サービスは総合型をはじめ、第二新卒に特化したものや業界や職種に特化したものなどさまざまです。自分の条件に合った転職支援サービスを見つけることがポイントといえます。

会社を辞めて起業する

ほかの会社でも希望する条件で働くことが難しければ、起業することも1つの選択肢です。起業することで、煩わしい人間関係から解放され、裁量を持って自分のやりたい仕事を行えるでしょう。

もちろん、会社に所属しているときよりも自分でやらなくてはいけないことは増えますが、何事も自分で決めるためにやりたいことに取り組むことができます。

フランチャイズを活用して経営者になる

フランチャイズを活用して経営者になる

フランチャイズ制度を活用して、経営者になることもキャリアパスの1つです。フランチャイズは軌道に乗っている事業の経営ノウハウや、経営資源を分けてもらいながら経営ができるので、ゼロから起業するよりも成功可能性が高いといえます。煩わしい人間関係から解放されたいけど、ゼロから起業するのは不安と感じる人はフランチャイズの活用を検討してみましょう。

自分に合うフランチャイズを探してみる

まずは副業でまったり稼ぐ

副業をしてゆっくり次のスタートへの資金を稼ぐのも良いでしょう。ただ、この暮らし方は実家暮らしでないと難しいかもしれません。
フランチャイズ比較.netでは副業についても詳しく解説しているので、下記記事たちも参考にしてください。

>>ライターの副業は初心者でも稼げる?仕事の種類や収入、注意点などを解説

>>イラスト副業の始め方とは?メリット・デメリットや稼ぐコツなどをご紹介

冷静に思考を整理して後悔せず会社を辞めよう

理想と現実の間で悩み、20代で会社を辞めたいと考える人は多いですが、感情に任せて会社を辞めてしまうと後々後悔してしまうかもしれません。まずは冷静に仕事を辞めたいと考えた理由を整理し、後悔のない選択をしましょう。

今回紹介したように、自分ではどうにもできない理由や状況であれば、早めに会社を辞めたほうが良いケースもありますので、周囲に相談しつつ判断してください。

感情的にならず冷静に考えをまとめて、20代で会社を辞めても悔いのないキャリアを歩んでいきましょう。

公開日:2022年10月27日

よくある質問

Q 転職活動で転職理由を聞かれますが、包み隠さず伝えていいですか。 回答を見る
Q 会社を辞めるとき、人事や上司・同僚に退職理由を聞かれたら本音を伝えていいですか。 回答を見る