結婚相談所の開業準備が丸分かり!気になる資金や年収も徹底解説

最終更新日:2022年11月22日

Header pc 5e755954acae484d 1669082232

結婚相談所は他業種と比較して開業時の初期費用や運営資金が抑えられ、低リスクで始められるため独立開業したい方に人気があります。一方で、結婚相談所を開業したいと思っても、何から始めれば良いのか分からない、難しそうで不安と感じている方も多いことでしょう。

そこで今回は、結婚相談所の開業に必要な準備を詳しくご紹介!気になる資金や年収、おすすめのフランチャイズ情報まで、開業前に知っておきたい情報をたくさんご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

結婚相談所で独立・開業できるフランチャイズはこちら

目次

結婚相談所の開業・経営は難しい?難しくない?

結婚相談所の開業に必要な準備

結婚相談所の開業に必要な費用

結婚相談所は儲かる?気になる開業後の年収

結婚相談所を開業する前に知っておきたい基礎知識

結婚相談所開業の成功・失敗のポイント3選

結婚相談所の開業に成功した事例

結婚相談所でおすすめのフランチャイズ3選

結婚相談所の開業についてまとめ

結婚相談所の開業・経営は難しい?難しくない?

結婚相談所の開業・経営は、「ノウハウや経験がないと難しい」というイメージもありますが、実は違います。未経験者でもチャレンジしやすいビジネスなのです。

結婚相談所の仕事は結婚したい人を仲介して成功へ導く専門性の高い業種なので、ノウハウを身につけていて業界経験が長いほうがもちろん有利。ですが、研修で結婚相談所の開業・経営のノウハウを学べたり、加盟店同士の交流会などでアドバイスを受けたりできる結婚相談所の連盟に加盟することでノウハウ・経験不足はカバーできます。

また、結婚相談所に限らず経営するうえで難しいと言われている資金繰り。
これに関しても、結婚相談所においてはパソコンやスマホなどの通信機器と事務所として使えるスペースがあれば始められるので、開業資金を低く抑えることができます。ランニングコストも低く継続的な利用によって安定した売上が期待できるビジネスなので、資金繰りもしやすいでしょう。

未経験者でも安心!
おすすめ結婚相談所フランチャイズの資料を請求する

結婚相談所の開業に必要な準備

結婚相談所の開業に必要な準備

では、実際に結婚相談所を開業する場合、どのような準備が必要になるのでしょうか。
結婚相談所の開業に必要となる主な準備を3つご紹介します。

結婚相談所の開業準備 1.店舗

結婚相談所は自宅の一室でも始められますが、ある程度のスペースが確保できない場合には店舗を準備する必要があります。

店舗が必要な場合でも、飲食店のように大がかりな設備投資は不要なので、低資金で開業可能です。

利用のしやすさを考えて立地も重視したいところですが、近隣のホテルやラウンジ、喫茶店を活用することも可能なので、開業・運営にかかるコストを考えながら決めていきましょう。

フランチャイズの場合、本部が所有する支店を無料で利用できるところもあるため、可能な限り費用を抑えたいという方は検討してみてください。

結婚相談所の開業準備 2.採用・教育

オーナー1人でも始められる結婚相談所は、従業員の採用・教育が不要なケースが多いです。

ですが、未経験者から始める場合には研修に参加するなどして知識を身につけてから開業する必要があるでしょう。

フランチャイズの場合は、本部が実施する研修で結婚相談所運営のノウハウを習得してから開業できるので、より安心です。

結婚相談所の開業準備 3.資格や免許

結婚相談所の開業には、特別な資格・免許・手続きは不要です。
ですが、

  • 仲人士
  • カウンセラー
  • ファイナンシャル・プランナー

といった民間資格もあり、取得することで結婚相談所の強みにすることができます。

第三者同士の結婚を取り持つ仕事のため、礼儀作法やコミュニケーション能力などのスキルも身につけておくと良いでしょう。
また、事業として稼ぐ場合は開業届や法人になる場合は会社を設立する必要があります。
その際はそれぞれ手続きが必要なので注意してください。

結婚相談所の開業準備 4.開業方法を決める

結婚相談所を開業するには、どのような形で開業するかを決める必要があります。

主な開業方法として、

  • 1から自分で結婚相談所を開業する
  • フランチャイズで開業する

が挙げられます。

また、その中でも個人・法人のどちらで開業するのか、本業・副業どちらにするのかなど細かく分かれているので、開業までの期間やコスト、労力などを考えながら決めていく必要があります。

とにかく早く開業したくて、集客もしやすい開業方法を選ぶなら、ぜひフランチャイズを検討してみてください。

少ない負担で開業できる!
おすすめ結婚相談所フランチャイズの資料を請求する

結婚相談所の開業に必要な費用

結婚相談所の開業に必要な費用

次に結婚相談所の開業に必要な費用を、開業資金(初期費用)と運営資金に分けて紹介します。
開業資金の調達方法についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

結婚相談所の開業に必要な初期費用

結婚相談所の開業に必要な初期費用は、約170万円です。
この費用は、10坪ほどの結婚相談所と仮定した金額で、あくまで目安の一つとして参考にしてください。

<初期費用の目安>

項目 金額
物件取得費 100万円
広告宣伝費 50万円
備品・消耗品費 20万円
合計 170万円

主な費用は、物件取得費や広告宣伝費、備品・消耗品費で、店舗の立地や規模などによって変動します。

結婚相談所は応接用のスペースがあれば開業でき、大がかりな設備投資も不要なので、店舗を構える場合でも開業時にまとまった費用が必要なのは物件取得費くらいです。自宅の一室やオンラインで始めることもでき、その場合はさらに費用を抑えることができます。

また、結婚相談所の存在を知って利用してもらえるよう、開業前にはホームページ制作やチラシ配布、Web広告配信などにかかる広告宣伝費も必要です。その他、顧客管理などを行うパソコン、テーブル、イス、入会案内、カウンセリングシートなどの備品・消耗品費もかかります。

結婚相談所をフランチャイズで開業する場合には、上記以外に加盟金や研修費、月会費など本部への支払いが発生します。なかには、所有する支店を無料で利用できる本部もあり、個人での開業より開業資金を抑えられるケースもあります。

結婚相談所の運営資金

結婚相談所の開業に必要な運営資金は、1ヵ月あたり約40万円です。
オーナー1人経営(専業)で、売上が月間120万円ほどの店舗と仮定し、各項目を計算しています。

<運営資金の目安>

項目 金額
賃貸料 12万円
水道光熱費 2.4万円
通信費 3.6万円
広告宣伝費 24万円
合計 42万円

主な費用は、賃貸料、水道光熱費、通信費、広告宣伝費などで、結婚相談所の規模や集客の状況などによって大きく変わります。

自宅で開業する場合は不要ですが、店舗を構える場合には1ヵ月あたり売上の10%程度の賃貸料が発生します。その他の店舗関連費用として、水道光熱費が売上の2%、通信費が売上の2~3%程度かかります。

開業後も継続的に集客を得るには、販促活動にも力を入れる必要があります。利用する媒体や頻度にもよりますが、1ヵ月あたり売上の10~20%の広告宣伝費がかかると考えておきましょう。

初期費用と同様に、個人とフランチャイズの開業では必要な運営資金が異なり、フランチャイズの場合は別途ロイヤリティやシステム利用料の支払いが発生します。ロイヤリティ0円の本部も多く見受けられるため、運営資金も抑えやすいと言えるでしょう。

個人開業よりも低コスト!?
おすすめ結婚相談所フランチャイズの資料を請求する

助成金・補助金などの活用も◎!結婚相談所の開業資金の調達方法

結婚相談所の開業は、専用の店舗や設備導入などが必要な飲食業と比べると低資金で開業できますが、とは言えどのように資金調達をすれば良いのか不安な方もいらっしゃるでしょう。
そんな方は、借入で開業資金の調達を検討してみてください。

主な借入先として、

  • 民間銀行
  • 日本政策金融公庫
  • 自治体の助成金・補助金

が挙げられます。

民間銀行の場合、高額な融資を受けられるケースもありますが、過去の実績や担保がない場合は審査を通ることが難しいため、個人で一から開業する場合は利用しづらいでしょう。

一方、日本政策金融公庫の場合、新規事業の立ち上げ時に利用できる新創業融資制度に関しては、創業資金総額の10分の1以上の自己資金があれば融資を受けられる可能性があるので、特にハードルが低めだと言えます。

また、自治体の助成金・補助金も利用しやすい借入先です。
商工会議所の「小規模事業者持続化補助金」は、販路開拓や生産性向上の取り組みを支援する制度。Webサイトの制作・運用費や広告費などの経費などが補助の対象となっているので、結婚相談所を開業するための資金に大いに活用できます。

ただし、助成金・補助金に関しては支給されるまでに時間がかかる場合もあるため注意が必要です。

結婚相談所は儲かる?気になる開業後の年収

結婚相談所は儲かる?気になる開業後の年収

結婚相談所を開業するにあたって、果たして儲かるビジネスなのか気になりますよね。こちらでは、結婚相談所の収入について解説しましょう。

結婚相談所の主な収入源(売上)は以下の通りで、立地や規模のほかに会員数や会員の活動状況などが大きく影響します。

項目 内容
入会費用 入会金や活動初期費用など、入会のために必要な費用
月会費 システム利用料やカウンセリング料など、毎月の活動に伴う費用
お見合い料 お見合いする際の費用
成婚料 結婚が決まった際に成功報酬として発生する費用
パーティー・セミナー参加料 パーティーやセミナーへの参加に必要な費用
ブライダル関連費 結婚式場などブライダル関連事業者への紹介手数料

全国に展開する大手の結婚相談所フランチャイズ『NOZZE.(ノッツェ.)』を例に挙げると、新規会員1人を成婚まで6ヵ月サポートした場合の収入は約43万円です。

また、日本最大級の会員数を誇る結婚相談所フランチャイズ『日本結婚相談所連盟』を例に挙げると、活動会員数が20人の場合は約600万円、50人の場合は約1,620万円が年収の目安となっています。

新規の会員を獲得するだけでなく会員を成婚に導くことで、より多くの収入が期待できるビジネスです。

結婚相談所を開業する前に知っておきたい基礎知識

結婚相談所を開業する前に知っておきたい基礎知識

ここでは結婚相談所を開業する事前知識として、結婚相談所のサービス内容や結婚相談所を開業するメリット・デメリットについて解説していきます。

結婚相談所のサービス内容

結婚相談所の主なサービス内容は、会員を成婚に導くための婚活サービスを提供することです。
副業型や専業型、法人型などの開業スタイルやオーナーの役割などにもよりますが、ほかには

  • 会員の紹介
  • お見合いのセッティング
  • 交際のフォロー
  • 顧客管理
  • 売上管理
  • 集客

などの業務が発生します。

人気上昇の副業「婚活アドバイザー」とは?仕事内容や年収、始め方などを紹介!

結婚相談所を開業するメリット

結婚相談所を開業するメリットを3つご紹介します。

ニーズがある

結婚相談所を開業する最大のメリットは、ニーズがあることです。

少子化や晩婚化、生涯未婚者の増加などに伴い婚活ビジネスも縮小しているイメージがありますが、「結婚したい」という社会的欲求はなくなるものではありません。

また、国や各自治体による婚活支援事業の推進や再婚ニーズの高まり、結婚に対する意識の変化などにより新たなニーズが生まれており、今後も市場は活発化していくことが予想されます。

低資金で開業・運営できる

低資金で開業・運営できることも、結婚相談所を開業するメリットです。

応接用のスペースと顧客管理用のパソコンがあれば始めることができるので、小スペースまたは自宅の一室でも開業できます。飲食業や小売業のように店舗や広いスペース、大規模な設備が必要な業種より、費用を大幅に抑えることが可能です。

また、月々の賃貸料も抑えられるほか、オーナー1人で始める場合は人件費もかかりません。低資金で開業・運営できるため、利益も残しやすいです。

未経験者でも始められる

未経験者でも始められることも、結婚相談所を開業するメリットの一つです。

結婚相談所の開業には特別な資格は不要で、未経験者でも始められます。また、空いた時間を利用して仕事ができるので、副業としても最適です。

フランチャイズの場合、結婚相談所運営のノウハウ提供や開業前の研修を受けることができるため、より安心して開業できるでしょう。

結婚相談所を開業するデメリット

次に、結婚相談所を開業するデメリットを2つご紹介します。

集客に苦戦することも

結婚相談所を開業するデメリットは、集客に苦戦することがあるということです。

個人で一から開業する場合、オーナーに実績や経験がないと安心や信頼性の観点から、利用を躊躇されてしまうケースが多いです。また、会員数が確保できないと利用しても出会いがないと判断され、集客はさらに難しくなるでしょう。

フランチャイズであれば、大手の本部に加盟することで本部のネームバリューを利用できるので、開業直後でも安定した集客が期待できます。

連盟・フランチャイズに加盟すると費用が高額になることも

連盟・フランチャイズに加盟すると費用が高額になる場合があることも、結婚相談所開業のデメリットです。

結婚相談所は個人で開業するほかに、連盟やフランチャイズに加盟して開業する方法があります。

サポートが受けられるというメリットがある一方で、加盟金や研修費、システム利用料などの費用が発生するため、加盟する本部によっては開業・運営資金が個人で開業するより高額になってしまう可能性も。

それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、オーナーに合った開業方法を選ぶように心がけましょう。

開業・経営のサポートを重視するなら!
おすすめ結婚相談所フランチャイズの資料を請求する

結婚相談所開業の成功・失敗のポイント3選

結婚相談所開業の成功・失敗のポイント3選

結婚相談所の開業における、成功・失敗のポイントを3つご紹介します。

1.開業・運営資金をできるだけ抑える

結婚相談所を成功させるためには、開業・運営資金をできるだけ抑えることがポイントです。

特に個人事業主として結婚相談所を開業する場合、最初からあまり費用をかけるのは得策ではありません。開業直後に多くの問い合わせや入会が発生するわけではないので、最も費用が抑えられる自宅の一室で始めるのがおすすめです。自宅に他人を入れることに抵抗があるという場合には、近隣のホテルやラウンジ、喫茶店を活用することもできます。

また、赤字を出してしまうと結婚相談所の経営を続けていくことができなくなるので、毎月の経費も抑えていく必要があります。

まずは開業・運営資金を抑えることに注力し、スキルを磨いてサービスの質を上げていきましょう。良い物件を借りたり、大々的に広告を打ったりするのは、高品質のサービスを提供できるようになって経営が安定してからでも遅くはありません。

2.効果的な集客

効果的な集客も、結婚相談所を成功させるために重要なポイントです。

Web集客やチラシ・情報誌への掲載、紹介・口コミなど結婚相談所の集客方法はさまざまですが、広告に費用をかけたからといって集客効果が得られるわけではありません。

結婚相談所の規模によっては、収支がマイナスになってしまうケースも。

サービス内容に見合った予算を設定し、効果を発揮できる媒体選びを心がけましょう。広告に頼り過ぎずに、会員の紹介や口コミで集客できるようになると、広告費用を抑えた集客が実現できます。

3.連盟やフランチャイズへの加盟も検討する

連盟やフランチャイズへの加盟を検討することも、結婚相談所を成功させるための一つの手段です。

連盟は、全国各地の結婚相談所を束ねている組織で、開業支援や結婚カウンセラー・仲人の活動サポートを行っています。結婚相談所運営のノウハウを提供してもらえるため、初めて独立する方でもしっかり活躍できます。
フランチャイズの場合も、本部のサポートを受けながら開業・運営できるので、個人で一から始めるより安心です。

また、連盟に関しては加盟している相談所の会員情報も蓄積・共有しており、フランチャイズの場合も大手の結婚相談所を選ぶことで本部が所有する会員情報を利用できるため、会員数が少ない結婚相談所でも多くの会員を紹介することが可能になります。

ただし、連盟・フランチャイズへの加盟には個人ではかからない、加盟金やシステム利用料などが発生するので注意が必要です。

ですが今回はおすすめの結婚相談所フランチャイズをピックアップしたので、フランチャイズでの開業を検討したい方は下記から資料請求してみてください。

開業の成功率が格段に上がる!
おすすめ結婚相談所フランチャイズの資料を請求する

結婚相談所の開業に成功した事例

結婚相談所での独立・開業を決断する前には、実際に挑戦した方の事例を参考にしてみるのもおすすめです。今回は、結婚相談所をフランチャイズで開業して成功した方の事例をご紹介します。

自分自身も笑顔になれる仕事です!

結婚相談所フランチャイズ事例

もともとサラリーマンだったのですが、20年以上勤めてみていずれ定年のない仕事に就きたいと考えるようになりました。これは私がシングルマザーであることが大きかったと思います。

独立・開業を検討する中で、未経験でも参入しやすいフランチャイズを考えていました。

「在庫を持たない」「景気や国の制度に左右されない」「無くならない」「笑顔に触れることができる」という条件と、私の中に漠然とあった人に寄り添う「誕生」「結婚」「死」というテーマに沿って絞り込み、結婚相談所の開業を決めました。

事業説明会・開業初期研修をはじめ、経験豊富な先輩カウンセラーもいらっしゃったので安心でした。業界未経験の私でしたが、このようなサポートと一つひとつ丁寧に教えていただいたおかげで、5年目を迎えることができました。

人生の大きな節目である「結婚」のサポートができる結婚カウンセラーという職業に、大変魅力を感じています。ありがとうの笑顔と共に報酬を得ることができ、自分自身も笑顔になれる仕事だと思います。

>>全部読む

結婚相談所でおすすめのフランチャイズ3選

それでは結婚相談所でおすすめのフランチャイズを3つ紹介していきます。
フランチャイズと言ってもたくさんあるので、どのフランチャイズで開業しようか迷ってしまう方はぜひ下記フランチャイズから選んでみてください。

結婚相談所フランチャイズ 1.日本結婚相談所連盟

結婚相談所フランチャイズ_日本結婚相談所連盟

『日本結婚相談所連盟』は、国内最大の約66,000名の会員数を誇る結婚相談所フランチャイズです。

業務に関わる全てが網羅されている「お見合いセッティングシステム」を採用しており、お相手紹介からお見合い調整・交際管理までを一元管理できます。

無店舗で1人からでも始められるうえに、ロイヤリティが0円。低資金開業でリスクが低く、粗利率90%以上の高利益が実現可能です。

日本結婚相談所連盟について詳しく見る

日本結婚相談所連盟の資料をもらう

結婚相談所フランチャイズ 2.NOZZE.(ノッツェ.)

結婚相談所フランチャイズ_NOZZE.(ノッツェ.)

『NOZZE.(ノッツェ.)』は、婚活における仲介ビジネスを展開する結婚相談所フランチャイズです。

NOZZE.(ノッツェ.)の最大の強みは、入会接客やお見合いのセッティングなどが全国のサロンでできること。無料で利用できるため、低コストで開業・運営できます。

開業前には、ベテランの婚活カウンセラーによる初期研修を受けることが可能。システムの操作方法も詳しく学べるため、パソコンに不安のある方でも安心です。顧客対応やシステムの使い方など開業後のサポートも充実しています。

NOZZE.(ノッツェ.)について詳しく見る

NOZZE.(ノッツェ.)の資料をもらう

結婚相談所フランチャイズ 3.ライフスタイルソムリエ

結婚相談所フランチャイズ_ライフスタイルソムリエ

『ライフスタイルソムリエ』は、成婚ソムリエによる恋愛・結婚サポートを行っているフランチャイズ本部です。
恋愛能力指数を高めるカウンセリングやイベント・講座、婚活の情報提供・セッティングなどにより、出会いから結婚、結婚生活までの全てをサポートしています。

出会いから結婚生活に至るまでの収益ポイントが多く、平均月商は50~100万円と高収入。平均労働時間は1日2~3時間と短く自由に働けるため、副業にも最適です。

豊富な研修や定例会・勉強会の実施、個別カウンセリングコンサルなど加盟後のサポートも充実しているため、未経験者でも安心して始められます。

ライフスタイルソムリエについて詳しく見る

ライフスタイルソムリエの資料をもらう

結婚相談所の開業についてまとめ

今回は結婚相談所の開業方法や手順、かかる費用などについて解説しましたがいかがでしょうか。
結婚相談所は低リスクで開業できますが、集客に挫折する方が多いのでフランチャイズでの開業がおすすめです。
ぜひこちらのフランチャイズを参考にして、無事に結婚相談所を開業してみてください。

結婚相談所で独立・開業できるフランチャイズはこちら

結婚相談所の開業・経営に関する記事

公開日:2022年07月19日

よくある質問

Q 結婚相談所の開業に失敗しないために気をつけることは? 回答を見る
Q 婚活アドバイザーを自身でやる場合はどんなスキルが必要ですか。 回答を見る
Q 結婚相談所の開業に必要な費用は? 回答を見る
Q 結婚相談所を開業するメリットは? 回答を見る
Q 結婚相談所の開業は難しい? 回答を見る