プログラミングの副業で未経験から稼ぐ方法とは?仕事内容や報酬、メリット・デメリットを解説

最終更新日:2021年07月12日

Header pc 3168586305046e57 1626060328

上昇の一途をたどるIT業界において、プログラマーは慢性的な人材不足。今はプログラミングができれば副業で数十万円稼ぐことも可能な時代で、副業プログラマに興味を持つ人が増加しています。

そこでこちらの記事では、プログラミングの副業とはどのようなな仕事なのか、どのくらい稼げるのかなど、未経験からプログラミングで副業を考えている方に向けて稼ぐコツや注意すべき点などをご紹介します。

プログラミングの副業を探してみる

目次

プログラミングの副業の仕事とは?

プログラミングの副業はいくら稼げる?

プログラミングの副業をするメリット

プログラミングの副業をするデメリット

プログラミングの副業に必要なスキルや経験

未経験者がプログラミングの副業で稼ぐコツ

プログラミングの副業の探し方

プログラミングの副業における注意点

プログラミング教室の開業におすすめのフランチャイズ

未経験からプログラミング副業で稼ぐならWeb制作がおすすめ!

プログラミングの副業の仕事とは?

プログラミングの副業の仕事とは?

プログラミングの副業には次のような仕事があります。

  • Webサイト開発
  • アプリ開発
  • システム開発
  • 講師

細かい内容を挙げれば他にもさまざまな仕事がありますが、なかには実質的に実務経験必須の仕事も少なくありません。また、職業プログラマが副業する際に人気のジャンルもあるため、未経験からプログラミング副業を始める場合は比較的敷居が低いWebサイト開発がおすすめです。

プログラミングの副業はいくら稼げる?

プログラミングの副業1案件で期待できる副収入は、ジャンルによって大きく変わります。

  • コード修正:1~30万円
  • Webサイト制作:5~20万円
  • ソフトウェア開発:20~100万円
  • Webサービス制作:30~60万円
  • アプリ開発:30~100万円

Webサイトやランディングページ(LP)作成は求められるスキルがそれほど高くなく、未経験でも仕事を受注しやすいのものの報酬は少なめ。一方、アプリ開発などは高額報酬が期待できますが、高度なスキルが必要だったり実務経験が必須だったりと敷居は高めです。

プログラミングの副業をするメリット

プログラミングの副業をするメリット

さまざまな副業の選択肢があるなか、あえてプログラミングの副業を選ぶメリットは「将来性」の一言に尽きます。1日1時間程度の作業時間でも100万円以上の副収入につながったり、将来的にフリーランスプログラマやエンジニアとして独立して年収1,000万円を目指したり、プログラミング副業には大きな可能性があります。

プログラマのキャリアを形成できる

どんな形であれプログラミングの副業をしていると、プログラマとしての経験値が蓄積されます。プログラマとしてのスキルアップはもちろんですが、何よりも「実務経験を積める」のは非常に大きなメリットです。

実務経験がない・少ないプログラマでは受けられない案件も多く単価も低めですが、プログラミング副業で実務経験を積めば、いずれ割の良い高額案件を受注できる可能性は十分にあります。

時間や場所を選ばずに働ける

プログラミングの副業は在宅勤務(リモートワーク)が基本です。
月に1回程度は出社が必要だったり、打ち合わせがあったりする場合もありますが、完全在宅でできるものがほとんどです。

納期はあっても勤務時間が明確に決められることもまずないため、時間や場所に縛られず働けます。

1件100万円以上の高額報酬もあり

プログラミングの副業を始めたばかりの頃は、1件数千円の仕事をもらうのも苦労するかもしれません。しかし、実績を積むにつれて1件1万円、3万円、5万円と単価が高くなっていき、最終的に100万円以上の仕事をもらえるようになれる可能性もあります。

高額案件はプロのプログラマたちとの競争がありますが、基礎的なスキルだけでも十分に戦えるのがプログラミング副業の大きなメリット。未経験から始めて1年以内に高額案件を受注することも夢ではありません。1件10万円~30万円くらいなら、プログラミング未経験でも数ヵ月程度で十分に狙えます。

フリーランスプログラマとして独立開業も可能

プログラミングの副業では、実績を積んで大きな仕事を受注できるようになれば、いずれプログラマとして独立開業することも可能です。趣味で始めたプログラミングの副業収入が本業の収入を上回っているような方も珍しくありません。

また、現状どの企業においてもITの技術は需要が高く、一定以上のITスキルを持った人材なら引く手あまたの状況です。それほど専門的でなくともプログラミングスキルがあると昇進が早かったり、キャリアアップ目的の転職で有利になったりすることも多く、大きなメリットが期待できます。

プログラミングの副業をするデメリット

プログラミングの副業をするデメリット

比較的稼ぎやすく将来性もあるプログラミングの副業ですが、一方でデメリットもあります。コンビニや居酒屋のように未経験でもすぐに始められる副業とは違い、準備にある程度の時間がかかる点に注意しましょう。

プログラミングの知識が必要

プログラミングの副業には、プログラミングの知識が不可欠です。プログラマとして企業に勤めるなら0からプログラミングスキルを教わることもできますが、副業の場合はある程度のスキルを習得していなければ案件を獲得するのは難しいです。

Web系のプログラミング言語が分かれば副業も始めやすいですが、大きく稼ぐためには複数の言語を習得したり、効率の良いプログラミングの知識などの習得が必要です。

自由な時間が減ってしまう

プログラミングの副業を始めると、主に休日を利用して作業することになるので、プライベートの自由な時間が減ります。ゆっくりと体を休めたり気分をリフレッシュしたりする時間が減ると疲労がたまり、本業に支障をきたしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、場合によっては平日も本業が終わったあとにプログラミングの副業をしなければならない状況も起こり得ます。請け負う仕事の難易度や量をしっかりとコントロールしながら、本業とのバランスをとることが大切です。

体調管理が必要

プログラミングの副業では、体を動かすことはほとんどありません。立つ、座る程度の動きはあるにしても、長ければ数時間も座りっぱなしということもあります。

特に本業がデスクワークの方は、休日もあまり動かない生活になりやすく、慢性的な運動不足に陥るリスクが高いのがデメリット。例えば30分置きに立ち上がってストレッチをしたり、ジムへ通ったりしながら体調を管理することが大切です。

プログラミングの副業に必要なスキルや経験

プログラミングの副業では、仕事のジャンルによって求められるスキルが異なります。世界中には数百ものプログラミング言語があると言われているので、目的のプログラミング副業を請け負うために必要なプログラミング言語を選んで身につけることが必要です。

主要なプログラミング言語

主なプログラミング言語は以下の通りです。さらに近年ではプログラミングの知識が全くなくても簡単なプログラムを作れる「ノーコード」や、従来よりも少ない手順でプログラミングコードを書く「ローコード開発」の需要が高まるなど変化も著しいので、1つのプログラミング言語を習得してもなお日々新しいことを学習し続けることが求められます。

名称 系統 習得難易度 活用性 特徴
HTML/CSS Web系(サイト) Webサイト制作で必要な基本的かつ必須のプログラミング言語。正確にはプログラミング言語ではなく「マークアップ言語」と呼ばれる。HTMLでWebサイトの構造を作り、CSSで装飾する。
JavaScript(jQuery) Web系(サイト) HTML/CSSと同じくWebサイト制作では必須級のプログラミング言語でWebサイトに動きを加えることができる。また、JavaScriptだけで簡単なWebサービスを構築することも可能。
C システム系 汎用性が高く、航空業界のシステム開発やゲーム開発など幅広い分野で使用されるプログラミング言語。プログラミングの基本的なスキルを身につけるには最適だが習得難易度は高め。
PHP Web系(サービス) Webサービスの機能を設計するプログラミング言語。内部的な部分を司るため「バックエンド」と呼ぶ。
Java/Kotlin アプリ開発(Android)/システム開発 Androidアプリ開発やソフトウェア開発などで多用されるプログラミング言語。JavaとKotlinは互換性が高い。
Ruby システム系 PHP同様にバックエンドで活躍するプログラミング言語。「Ruby on Rails」でほぼ統一されていて汎用性が高い。
Swift/Objective-C アプリ開発(iOS) iPhoneやMacのアプリ開発で使われるプログラミング言語。元々はObjective-Cを使っていたが徐々にSwiftへ移行している。
Python Web系(サービス) 主にWebサービスの開発で使われるプログラミング言語。近年AI分野で多用されるようになりニーズが拡大している。
Go(Golang) Web系(サーバ)/アプリ開発 Googleが開発したプログラミング言語。実行速度の速さが特徴で幅広い分野で活用できるため世界中で人気。

職種と求められるスキル

プログラミングの副業では、携わりたいジャンルによって求められるスキルが違うので注意が必要です。
例えば、Webサイトを作る仕事をしたいならHTMLやCSSの知識は必須で、JavaScriptが使えるとさらに良し。しかし、システム開発で使うC言語を必死に覚えても仕事は獲得できせん。

ジャンル おすすめ言語
Webサイト開発 HTML/CSS、JavaScript、PHP
アプリ開発 Ruby、Java、Swift
システム開発 C、Java
AI開発 Python
スクール講師 いずれかのプログラミング言語(Web系、アプリ開発系)

未経験者がプログラミングの副業で稼ぐコツ

未経験者がプログラミングの副業で稼ぐコツ

未経験からプログラミングの副業で稼ぐためには、いかにして仕事を見つけるかが重要です。もちろんプログラミングスキルが高いほど可能性は高くなりますが、他にもポイントがあります。

  • 目的に合ったプログラミングスキルを身につける
  • ポートフォリオ(作品)を作る
  • 積極的に応募する
  • スクールに通って短期間でスキルアップを目指す

先述した通り、プログラミング言語にはそれぞれ得意なジャンルがあるので、目的に適したプログラミング言語を勉強するのは大前提です。その上で、少しでもクライアントからの信頼を得るために以下のようなポートフォリオ(作品)を作ります。

  • Webサイト(ブログ含む)を開設して運営する
  • アプリを作る

必ずしも高度な技術で制作する必要はありません。簡単なものでも良いので、基本的なスキルが身についていることをアピールできるポートフォリオを作りましょう。

プログラミングの副業の探し方

プログラミングの副業の探し方

未経験でプログラミングの副業を始めるのであれば、主に次のような方法で仕事を探すのがおすすめです。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは「仕事が欲しい人」と「仕事をして欲しい人」がインターネット上でマッチングできるサービスで、プログラマを対象とした案件が多数あります。

アプリ開発や企業システム開発など本格的なプログラミングの案件だけでなく、簡単なWebサイトのコーディング(Webサイトの内容やデザインを表示させるためにプログラミング言語でコード書く作業)案件もあるので未経験から最初の一歩を踏み出す方法としておすすめです。

クラウドソーシングで受注した案件は、基本的にポートフォリとして公開可能です。実績を積めば積むほどプログラマとしての信用と評価が上がりやすくなり、高額案件を受注できる可能性も高まります。未経験歓迎の案件も豊富にあるので、最初の一歩を踏み出す方法としておすすめです。

友人・知人

友人や知り合いのプログラマやSE(システムエンジニア)に相談して仕事を回してもらうことも、プログラミングの副業の探し方の一つです。

作品を公開する

Webサービスやアプリなど、これまでの作品を公開することで、そこから仕事につながる可能性があります。
Webサイトやブログ、SNSなどを活用して作品を紹介し、プログラマを探している企業などに向けてアピールしましょう。

プログラミングの副業における注意点

プログラミングの副業における注意点

プログラミングの副業をするにあたり、次の点に注意が必要です。

目的に合ったプログラミングを勉強する

Javaなどの汎用性が高いものもありますが、目的に応じて最適なプログラミング言語を学習することが大切です。そもそもプログラミング言語自体に汎用性があるため全く無駄になることはありませんが、目的に合わないプログラミング言語を覚えてしまうとプログラミングの効率は下がります。

「いかに短期間で高いクオリティの作品を作れるのか」もプログラミングの副業で稼ぐためには必要なので、どのプログラミング言語を勉強するのかをよく考えましょう。

副業禁止かどうか確認する

万が一、現在勤めている会社が副業禁止だった場合はトラブルの原因になってしまうため、副業可能かどうかを確認しましょう。

プログラミングの副業収入が増えてくると確定申告の必要が生じるなどの理由から、本業に黙って副業を続けることは困難なので、隠れて副業をするということは避けるのが無難です。

モチベーションを保つ方法を考える

比較的簡単なプログラミング言語であれ、習得するまでには相応の労力がかかります。一朝一夕では習得できないため、その間のモチベーションを保つ方法を考えることが大事です。

モチベーションの低下につながりやすい原因の一つは、分からないことが溜まってしまうこと。努力して自力で解決することも大切ですが、誰かに教わりながら進めることで効率良く学習を進められます。
プログラミングスクールやSNSのコミュニティなどを上手に活用してみましょう。

プログラミング教室の開業におすすめのフランチャイズ

最後に、プログラミング教室の開業におすすめのフランチャイズ本部をご紹介します。

CodeCampKIDS

CodeCampKIDS

『CodeCampKIDS』は、イラストやアイコンを使って感覚的に行うビジュアルプログラミングや本格的なゲームやアプリ開発などを学べる小中学生向けのプログラミング教室を展開するフランチャイズ本部。

  • 子どもが自発的に学びたくなる映像教材を使い、授業を映像教材任せにできる
  • 1ステップ15分(映像学習5分+実演10分)に設定されたカリキュラムで成長を実感しやすい

といった特徴があります。生徒が自分1人でもプログラミングを学習できるよう設計された教材を使っていて、プログラミング教育の経験がなくても経営や指導ができるのが強みです。

CodeCampKIDSについて詳しく見る

CodeCampKIDSの資料をもらう

Tech for elementary

『 Tech for elementary』は、プロのエンジニアが映像で解説する授業が特徴的な子供向けプログラミング教室。加盟金0円、ロイヤリティ5,570円(生徒4名まで)と始めやすいのが魅力です。

  • プロのエンジニアが映像授業をしてくれる
  • 集客や販促で使うチラシやポスターなどは本部が用意してくれる

自分でプログラミングを教えられなくても、またプログラミングを教えられる人材を確保しなくても開業できるのは大きなメリットでしょう。

Tech for elementaryについて詳しく見る

プログラミングスクールiTeen

「絶対に効果を実感できる」をコンセプトにした個別指導を強みとしたプログラミングスクールのフランチャイズ本部です。わずか5年で全国規模に拡大し、東京や福岡などを中心に海外展開もしています。

  • 資金に応じて13坪~の省スペースで開業可能
  • 営業利益率20%超えの高収益ビジネス
  • フランチャイズのなかでもトップクラスのフォロー体制

など、開業メリットがたくさんあります。

未経験からプログラミング副業で稼ぐならWeb制作がおすすめ!

プログラミング副業は、案件次第で大きく稼げるのが魅力です。ただ、高額案件を受注するためには実績や相応のスキルが求められるため、まずは未経験でも始めやすいWebサイト制作などの仕事から始めると良いでしょう。

HTML、CSS、JavaScriptなどの必要なプログラミング言語を学びつつ実際にWebサイトを作り、クラウドソーシングなどで営業するのがおすすめです。

プログラミングの副業を探してみる

公開日:2021年07月12日

よくある質問

Q プログラミング未経験ですが1ヵ月以内に10万円稼げますか? 回答を見る
Q 30代でもプログラミングの副業はできますか? 回答を見る
Q おすすめのプログラミング言語は何ですか? 回答を見る