【徹底紹介】飲食店・居酒屋のフランチャイズを始めるのに必要な準備とは?

最終更新日:2019年11月12日

99776744499f7a39

ご自身でも利用してきた身近な存在の飲食店はお店の運営に関するイメージも持ちやすく、独立してお店を持ちたい方に人気の業態の一つです。
地域やジャンルにもよりますが、基本的に安定した需要が見込めます。
もっとも、一から始めるとなれば、どうやって立地や物件を選べばよいのか、どんな設備を用意すればよいのか、メニューの考案やレシピづくり、従業員教育などをどうするか悩むことになります。

結果として難しいとあきらめてしまう方も多い中、フランチャイズを利用すれば、お店をすぐにでも始められる設備の準備や運営ノウハウ、メニューやレシピの提供から、安定経営のサポートが得られます。

ひとくちに飲食店と言ってもレストランやカフェなどその業態は様々ありますが、今回は居酒屋のフランチャイズについて、開業の際にはどのような準備が必要でどんなことに注意するべきか、まとめてみました。

目次

居酒屋のフランチャイズの特徴

居酒屋をフランチャイズで開業するメリットとは?

居酒屋をフランチャイズで始めるのに必要な準備は?

居酒屋のフランチャイズ選びで注意するポイントは?

まとめ

居酒屋のフランチャイズの特徴

飲食店のフランチャイズは店舗の物件選定や内装、提供するメニューやレシピ、セントラルキッチンから運ばれてくる半加工品などをはじめ、マニュアル化された作業の流れやサービスなど運営システムまですべてがパッケージ化されているのが基本です。
居酒屋においても、加盟店となり経営者研修や店長研修などを受ければ、飲食業未経験であっても開業する事ができます。

成功モデルとして確立されたビジネスパッケージを利用することでリスクを抑え、初めてでも成功確率を上げることができます。
オープンしてからも経営アドバイスや新メニューの提供、集客のためのキャンペーンなどフォローが充実しているケースが多く、個人経営に比べて未経験でも飲食業に参入しやすいのが特徴です。

飲食店・居酒屋をフランチャイズで開業するメリットとは?

まずメリットとして挙げられるのは、「ネームバリュー」を活用できることでしょう。
居酒屋は競合も多いため、集客が非常に難しい業種になります。

フランチャイズでチェーン展開している居酒屋であれば、認知度もあるためオープン初日からある程度の集客は見込めるでしょう。

どの業種にも言えることですが、「集客力」があるというのはフランチャイズならではのメリットです。特に飲食店では、安定した経営をするために重要なポイントといえるのではないでしょうか。

また、経営が初めての方や飲食業の経験がまったくない方でも、個人経営よりも開業までの期間が短いところも居酒屋フランチャイズのメリットの一つです。

加盟後にフランチャイズ本部で実施される研修では調理の仕方から店舗の運営の仕方など、お店の運営に必要なノウハウを一から教えてもらえます。
研修は実際の既存店舗で行われることが多く、間近で現場を体験しながら学べるので雰囲気も掴みやすく、お客様への接客の仕方やクレーム対応なども含め、開業後にすぐに現場で活かせます。
開業に必要な手続きのサポートや仕入れ先の紹介など開業や運営上必要なサポート体制も充実しているのも魅力です。
居酒屋によってはセントラルキッチンで半調理された加工品や共同仕入れした安価な食材を提供してくれるため、より低コストで仕入れなどの難しいノウハウなく開業ができるのもメリットです。

飲食店運営では業務用冷蔵庫や冷凍庫、コンベクションオーブンや店舗什器なども必要になりますが、専用の設備を低コストで一通り準備できます。
半調理品や温めるだけ、盛り付けるだけのスタイルなら、少人数のアルバイトでも回せるので人件費も安く抑えることが可能になります。

逆にデメリットとしては、勝手にメニューを追加したり、味を変えたり、サービスの提供の仕方などを独自にすることが基本的に難しいことです。
提供する値段なども決まっているので、その地域のお客さんの事情に合わせて値下げしたいとか、売上を上げるために値上げしたいと思っても基本的にはできません。

居酒屋をフランチャイズで始めるのに必要な準備は?

では、フランチャイズで居酒屋を始めるにあたり、どのような準備が必要なのかを見ていきましょう。
開業に必要な資金や手続き、設備や人材に関する準備についてチェックしながら、開業までの基本的な流れを抑えていきましょう。

開業までにどのくらいの期間が必要かは、選んだ業態や本部の方針などによっても異なります。
店舗運営ノウハウを学ぶための研修も2週間程度から1ヶ月と短期のところもあれば、実店舗で2ヶ月から3ヶ月かけて学ぶところもあるためです。

・開業資金の相場
開業資金にはフランチャイズに加盟してノウハウの提供を受けるための初期費用と店舗運営に必要な改装工事や店舗什器や厨房機器などの準備や従業員を採用する費用などの自己資金に別れます。

フランチャイズに加盟するための加盟金は、サポート体制、どこまで設備やノウハウなどを提供するかでも異なってきますが、100万円から500万円程度が相場です。

そのほか、研修費がかかる場合は30万円から50万円程度、保証金として100万円から200万円程度を本部に納めなくてはならないケースもあるので注意しましょう。

店舗を整備するために開業時に必要な自己資金としては、店舗のテナントを借りる賃料や保証金、内装工事費や設備や什器の購入費やリース代などがかかります。
賃料は地域や立地、物件の大きさによっても異なります。
どの程度の規模で、どんな設備が必要になるお店かにもよりますが、200万円から500万円程度は必要です。

フランチャイズに加盟するための初期費用とお店づくりに必要な費用を合わせると、開業資金の相場は1,000万円から2,000万円程度といったところです。

居酒屋の場合は、「物件取得費用」や「厨房設備費用」などで開業資金が高額になりがちですが、本部によっては「居抜き物件」の紹介や「既存店の引継ぎ」など開業資金を抑えることができるプランなどを用意している場合もありますので「開業プラン」を確認することをおすすめします。

・資格、条件
加盟するために必要な資格や条件は、各フランチャイズによって異なっています。
もっとも、飲食店では基本的に難しい専門資格や学歴といった条件は課されません。
飲食業というと調理師免許が求められるのではと思われますが、調理の技術は研修によって得るノウハウで十分です。

深夜まで営業する居酒屋では「20歳以上」といった年齢条件や営業時間が長い場合には専従者を2名以上用意することといった条件がある場合もあります。

なお、開業にあたっては保健所から飲食店営業の許可を得る必要がありますが、その条件は主に店舗の設備に関するもので、衛生面などの環境が整っているかがチェックされます。
また、食品衛生責任者を1人に専任にして設置する必要があります。
調理師免許など一定の資格を持っていればすぐにでも就任できますが、資格がない場合は食品衛生協会の開催する1日講習を受講すれば得られるので、そう難しいものではありません。

・開業までの流れ
まずは説明会に参加し、システムについてしっかりと内容を確認して、他店との比較検討などを行います。
個別説明会や面接を通じて条件などを納得いくまで確かめ、覚悟を決めたら加盟契約を結びます。
研修を受け、調理から店舗運営までノウハウを身に付けて、経営者となる準備を行いましょう。

開業を希望するエリアで本部のスタッフがマーケティングリサーチなどを行って、店舗の物件選定をサポートしてくれ、開業に必要な内装工事や設備の搬入、設置などを行います。
アルバイトやパートなどの募集を行い、採用面接を経てオープニングスタッフとしての研修を行います。
オープニングスタッフは長く働いてくれる期待も持て、お店の運営を支える重要な人材になることも期待できるので、しっかり育てたいものです。

オープンに向けて新聞折込チラシや手配りチラシの配布を行います。
開業当日は本部からもスタッフが応援にくるなど、スムーズにスタートダッシュがきれるよう支援してくれます。

オープン後もエリアマネージャーなどが適宜訪問し、経営や運営のアドバイスなどをしてくれるのも魅力です。

居酒屋のフランチャイズ選びで注意するポイントは?

居酒屋のフランチャイズはジャンルも多彩で、運営スタイルもさまざまです。
そのため、開業にかかる費用や開業してからの店舗運営も大きく違うため、自分の適性や用意できる費用、どのようなスタイルで仕事をしていきたいかを考えるとともに、開業を予定する地域にどんなスタイルの店がマッチするか、集客見込みを考えて検討することが大切です。

また、営業時間面でいえば、居酒屋のように夕方から深夜や朝方という営業時間のお店もあります。ご自身やご家族のライフスタイルにも変化や影響が加わるので、ジャンルだけでなく、店舗運営のスタイルについてもじっくりと検討することが大切です。

ジャンルやスタイルで候補が絞れてきたら、加盟時の費用や毎月のロイヤリティ、本部のサポート内容や開業後のフォローなどをよく比較検討しましょう。
たとえば、飲食業の経験や過去にお店を運営したことがあるといった方なら、フォローが薄くても自由度が高いところがよいと考えるかもしれません。

一方、初心者なら多少ロイヤリティが高くても、フォローアップが充実しているほうが安心なケースもあります。

契約をする前に説明会への参加や個別相談を受け、かつ、成功している経営者の実例をチェックするなどして信頼のおけるフランチャイズを見つけましょう。

まとめ

個人経営の場合は経営のノウハウを独自に身に付けて、時に失敗しながら実践しなくてはなりません。
開業にあたっては店舗のコンセプトやメニューやレシピづくり、物件の選定や店舗デザイン、改装工事に開業に必要な役所への届け出など、あらゆることを経営者1人で行う必要があります。

これに対してフランチャイズなら、蓄積された成功ノウハウと設備やメニューに至るまでパッケージ化されたものを利用でき、店舗運営のための研修から開業後のサポートまで得られます。

飲食店の経営初心者でも短期でクオリティの高い店舗を開業することができ、フランチャイズ店ならではの知名度でオープン当初から一定の集客を集め、地域の人気店になることも可能です。

飲食店・居酒屋のフランチャイズを探す

飲食店・居酒屋のフランチャイズ一覧

公開日:2019年10月04日