田舎のほうが起業に向いてる?!おすすめの業種は?田舎起業の基礎知識を大公開!

最終更新日:2021年02月09日

Header pc dea652b486e43024

田舎起業を成功させるためには、田舎の抱える課題や都会との違いを知ることが大切です。

そこでこちらでは、田舎起業におすすめの業種や成功のポイントなどをまとめました。
「のんびりとした田舎で起業したい」という方は、まずは田舎起業の基礎知識をつけるところから始めましょう。

田舎起業にぴったりのフランチャイズを探してみる

目次

田舎で起業するメリット・デメリット

田舎起業におすすめの業種

田舎起業の成功・失敗ポイント

田舎起業におすすめのフランチャイズ本部

田舎起業を成功させるためのポイントを押さえよう

田舎で起業するメリット・デメリット

はじめに、田舎で起業するメリット・デメリットを紹介します。

田舎と都会ではビジネスを行う上でさまざまな違いがあるため、まずは田舎ならではの特徴や事情を理解することが大切です。

メリット

田舎で起業するメリットは、下記の5点です。

  • 開業費用が安く済む
  • 運営資金を抑えやすい
  • 競合が限られている
  • 口コミで話題になりやすい
  • 補助金や助成金を使いやすい

こちらでは、それぞれの項目について具体的に解説します。

開業費用が安く済む

都会と比べて田舎は土地代や不動産代が安いため、実店舗や事務所を構えて事業を行う場合は開業資金が安く済む確率が高いです。

「できるだけ初期費用を抑えたい」という方は、田舎では都会の半分以下の金額で同規模の物件を賃貸できる可能性があります。

また地域にもよりますが、過疎化が進む地方では空き家プロジェクトなども行われており、一軒家をほぼ無料で借りられるケースも珍しくありません。

運営資金を抑えやすい

開業資金に加えて、田舎は運営資金も抑えやすいです。
特に人件費に関しては、田舎は最低賃金が低いので安く済む傾向にあります。

また田舎では、知り合いのツテで割安物件を借りたり、地域の直売所や農家から食材を安く仕入れたりできるケースも少なくありません。
そのため田舎で起業するのであれば、近所付き合いを大切にすることをおすすめします。

競合が限られている

大規模な飲食チェーンや大手のスクールなどが少ない田舎は、競合が限られているため起業する業種によっては他社と競わずに済むことがあります。

例えば塾が1件もない地域で新たに塾を開業すれば、その地域で唯一の教育事業として子どもを持つ親御さんたちからの注目を集めることが可能です。

これから田舎で起業を考えている方は、その地域にまだ進出していない業種は何なのかよく調べてみるのがよいでしょう。

口コミで話題になりやすい

人と人の関わりが密接な田舎では、積極的な宣伝活動をしなくても自社のサービスが口コミで広まりやすいです。

特に飲食店のような外から目に止まりやすい事業を運営する場合は、「新しいお店が開業したらしい」などといつの間にか話題になっていることが珍しくありません。

また口コミだけでなく、地域のフリーペーパーや地方新聞など、田舎では地域住民にピンポイントで情報を届けるための手段が充実している点も魅力です。

補助金や助成金を使いやすい

過疎化が進んでいる田舎では、より多くの人に地方移住してもらうための補助金や助成金が充実しています。

例えば、地方移住と起業を同時に行った場合、最大300万円の支援金を受け取れる「地方創生推進交付金」も田舎起業向け制度の一つでしょう。

また、店舗改装費用を一部負担する制度を用意している自治体もあるなど、田舎の起業では都会にはないお得な制度を利用できます。

デメリット

一方、田舎で起業するデメリットとしては、下記の3点が挙げられます。

  • 都会と比べて人口が少ない
  • 地域によっては車代やインターネット代がかかる -人によっては 人間関係に気を遣う

ただし、ひとまとめに田舎といっても地方都市から僻地まで規模はさまざまであり、地域によってデメリットの度合いや内容は異なります。

都会と比べて人口が少ない

一般的に田舎は人口が少ないため、都会のような大規模な集客を見込むことが難しいです。

そのため地域住民をターゲットにする場合は、たくさんのお客様に訪れてもらい、たくさん消費してもらうようなイメージは持たないほうがよいでしょう。

ただし、ターゲットが地域住民と観光客の両方だったり、インターネットで商品を全国へ販売したりするのであれば、田舎に住みながら高い売り上げと収益を目指すことが可能です。

地域によっては車代やインターネット代がかかる

車がなければ生活できない地域に住む場合は、ガソリン代や維持費などがかかります。

また、インターネットのアクセスが悪い僻地でビジネスを行う場合は、インターネット環境を整えるための初期投資も必要です。

例えば都会であれば基本的にどこでもポケットWi-Fiが使えますが、周囲が山に囲まれた山間部の田舎などでは利用できないケースが少なくありません。
その場合は新たに回線を引く費用として、初期費用に数万円の工事費がかかります。

車代やインターネット代が気になる方は、田舎といっても地方都市レベルの生活インフラが整った地域を拠点とするのがよいでしょう。

人によっては人間関係に気を遣う

地域住民とのコミュニケーションが苦手な方は、田舎での起業にストレスを感じるかもしれません。

特に知り合いが一切いない土地で起業する場合は、自身が怪しい人物ではないことを分かってもらうために、町内会や地域のイベントに参加するなどの努力が大切です。

ただし、ネットショップ運営など地域住民からの売り上げを必要としない事業を起業する場合は、過度に人間関係を気にしなくてもよいでしょう。

田舎起業におすすめの業種

田舎起業を成功させるためには、その地域で求められているサービスを展開することがポイントです。

こちらでは、田舎起業におすすめの業種を5つ紹介しているので、自身が拠点とする地域の状況と照らし合わせながら参考にしてみてください。

飲食店

初期費用や運営資金を抑えたい方は、田舎で飲食店を起業するのがおすすめです。
地域によっては、物件取得費用や賃貸料を都会の半分以下に抑えられる可能性があります。

また、田舎の飲食店は地域住民の憩いの場として利用されているケースが多く、リピーターを獲得しやすい点が魅力です。
アットホームな接客を心がけたり、お得意様専用メニューを提供したりなど、地域住民に特化したお店づくりをすれば、その地域で長く愛されるお店を経営できるでしょう。

デリバリー

都会と比べて田舎は飲食店の数が少なく、さらに職場から店舗が離れているため、1時間のランチタイムだけでは気軽に外食できないケースが多いです。

そのため食事のデリバリーサービスを始めれば、飲食店が充実していない地域の課題を解決する事業となることも考えられます。

また、高齢化が進む地域でデリバリーを行うのであれば、1人で外食できない高齢者向けの配食サービスなども注目を集めやすいでしょう。

便利屋

お客様の困り事を助ける便利屋は、田舎で起業するにはぴったりの業種です。

高齢化が進む田舎には、買い物や家の掃除、家電修理などのちょっとしたことを手伝ってほしい高齢者が多くいます。

田舎は都会ほど便利屋業が充実していないので、生活インフラが整っていない田舎にとって、高齢者の生活をサポートする便利屋は需要の高い事業だと言えるでしょう。

塾やスクール

大手学習塾や有名予備校がない田舎では、プロの指導を受けるためにはオンライン授業しか選択肢がないケースがよく見られます。

最近ではオンライン学習の人気が高まっていますが、それでも対面で授業を受けたい方は少なくありません。

そのため指導力に自信がある方は、田舎で本格的な対面指導の塾を始めてみるのもよいでしょう。

また、教室やスクールが充実していない地域では、パソコン教室や英会話スクールなど塾以外の事業も話題になりやすいためおすすめです。

ネットショップ

田舎で起業するからといって、地域住民向けの事業やサービスにこだわる必要はありません。

オンラインで商品を販売するネットショップ業は、田舎にいながら全国各地から売り上げが見込めるおすすめの業種です。

イラストやハンドメイド作品を製作できる方は、自分の特技を活かした作品を販売するのもよいでしょう。

また自ら作品を製作するのが難しい方は、拠点とする地域の特産品や工芸品などを仕入れて販売するのも一つのビジネスモデルです。

田舎起業の成功・失敗ポイント

田舎起業を成功させるためには、ただ都会のマネをするだけでは上手くいきません。

こちらでは、田舎起業の成功・失敗ポイントをまとめているので、田舎ならではの特徴や事情について理解を深めましょう。

地域のニーズを理解する

ひとまとめに田舎といっても、それぞれの地域で抱えている課題は異なります。

そのためまずはその地域についてリサーチし、住民がどういった困り事を抱えているのが調べるところから始めましょう。

例えば電車の本数が少ない地域では送迎サービスを提供したり、住民たちの交流場所がない地域にはカフェを開業したりなど、地域のニーズを満たす事業を起業することが大切です。

ITの力を借りる

ITの知識があると、売り上げを伸ばすチャンスが増えます。

例えば飲食店の運営であれば、SNSでお店の魅力を積極的にアピールしたり、ネットで商品を販売したりするのもおすすめです。
地域住民だけでなく、全国各地からの売り上げが期待できるでしょう。

田舎のビジネスでは都会のように多くのお客様に来店してもらうことが難しいので、対面だけでなくインターネットによる売り上げも計画に織り込むことがポイントです。

人脈を大切にする

田舎では人間関係が重視されやすいため、地域住民との関係を大切にすることが起業成功には不可欠です。

どんなに魅力的なサービスを考えても、経営者と地域住民の間に信頼関係がなければ、サービスを利用してもらえない可能性があります。

その地域にとってメリットのあるサービスを提供することはもちろんですが、地域住民に経営者自身の人間性を信頼してもらう努力を忘れないようにしましょう。

例えば地域の集まりへは積極的に顔を出すなど、自分からコミュニティへ馴染もうとする姿勢が大切です。

田舎起業におすすめのフランチャイズ本部

田舎で起業するのであれば、すでに実績があり信用力のあるフランチャイズへ加盟するのも一つの方法です。

こちらでは、田舎起業におすすめのフランチャイズ本部を3つ紹介していきます。

ライフデリ

ライフデリ

高齢者向け配食サービスを提供する『ライフデリ』は、高齢化が進む田舎で起業するにはぴったりのフランチャイズです。

完全調理済みの食材を盛り付けるだけでよく、訪問販売のような厳しい営業活動が必要ないため未経験からでも十分に起業できます。

また、事業説明会では希望エリアの調査資料をもらえるため、田舎で本格的に事業を始めたい方はまず話を聞いてみるのがよいでしょう。

ライフデリについて詳しく見る

ライフデリの資料をもらう

便利屋!お助け本舗

便利屋!お助け本舗

『便利屋!お助け本舗』は、数多くのメディアに取り上げられてきた知名度の高い便利屋です。

仕事内容は家事や買い物の手伝い、家具の組立、パソコンやインターネット操作のレクチャーなど多岐にわたります。

田舎にはさまざまな課題が存在するため、幅広い業務に取り組みたい方であれば便利屋の仕事にやりがいを感じることでしょう。

また、未経験・無資格・無店舗で事業を始められ、ほかの業種と比べて起業のハードルが低いのもうれしいポイントです。

便利屋!お助け本舗について詳しく見る

便利屋!お助け本舗の資料をもらう

売らないネットショップ_自動販促システム

売らないネットショップ_自動販促システム

『売らないネットショップ_自動販促システム』は、PC1台でできるネットショップ運営のフランチャイズです。

インターネット環境さえあれば場所を問わずどこでも作業できるので、田舎で起業したい方にも向いています。

また、ほかの仕事と兼業しながらネットショップを運営している方も多く、飲食店や塾など本業の空き時間を活用しながら収入アップを目指すのもおすすめです。

売らないネットショップ_自動販促システムについて詳しく見る

売らないネットショップ_自動販促システムの資料をもらう

田舎起業を成功させるためのポイントを押さえよう

田舎起業を成功させるためには、都会との違いはもちろん、その地域ならではの特徴や課題を把握する必要があります。

田舎で起業したいと考えている方は、まずは希望地域の市場調査から始めてみましょう。

また、フランチャイズであれば本部が市場調査や経営をバックアップしてくれるので、プロのサポートを受けたい方は加盟を検討してみるのもおすすめです。

田舎起業にぴったりのフランチャイズを探してみる

公開日:2021年02月08日